【日本語対応】子連れに優しいバンコクのおすすめ【格安ホテル】




海外慣れしていないと子連れの海外旅行って色々と心配ですよね。

バンコクには星の数ほどホテルがあるんですが

・ホテルの料金は安いところがいい!
・でもアクセスは?
・食事は?
・洗濯ものは?
・ジムは?
・Wi-Fiは?
・子供の遊ぶところはある?と悩みをあげていけば、キリがありません。

そこでおすすめしたいのが、バンコクで一番大きなクロントィーイ市場の近くにあるロンポーマンションです。

豪華ではないし、アクセスが特別いいわけではないので1泊2日や2泊3日などの短期には向いてないですが、ローカルエリアにも近い場所なので1週間~1か月くらい滞在しようかなという方はぜひ検討してみてください。

ロンポーマンションのアクセスは?

赤い「」がロンポーマンションのある位置。地下鉄のクイーンシリキット駅と、BTSプロンポン駅から同じくらいの距離にあります。

地下鉄のクイーンシリキット駅までは子供と一緒に歩いて15分くらい。ちょっと歩くには遠いですよね。なので、わたしは駅までモトサイ、もしくはタクシーを使ってました。

モトサイならクイーンシリキット駅まで20バーツ(約60円)くらい。高級ブランドが入ったハイソなデパートがならぶBTSプロンポン駅へは約30バーツ(約100円)、オシャレなショップが入っているターミナル21近くのBTSアソーク駅も約40バーツ(120円)くらいで行けちゃいます。

※モトサイは運転手さんとの交渉次第なので、値段は参考程度です!

ちなみにタクシーで中華街へ行っても、200バーツ(約600円)しないくらいなので、疲れたら帰りはよくタクシーに乗ってました。
タイのタクシーって記載人数の制限がないので、ギュウギュウ詰めで乗るなんてこともOK!

わたしは大人3人+子ども6人の3家族で乗って、ワイワイガヤガヤ窮屈ながらも楽しい珍道中を過ごしたのが一番の思い出です。

 

ロンポーマンションってホテルなの?

ロンポーマンションはポールさんが支配人を務めるコンドミニアムのようなホテル。

フロントが日本語対応していたり、フロントで日本円からタイのバーツに両替できたり、1階のカフェに日本食があったり、日本語の新聞やフリーペーパーがたくさんおいてあったり、と何かと日本人が利用しやすいホテルになっていて、短期滞在者から中期・長期、なかにはマンスリー賃貸で借りて住んでいる日本人の方も少なくありません。

短期なら、ホテル予約サイトで1部屋3,609円~。
でも1ヵ月ほどの中長期であれば、直接ロンポーマンションにメールをしてマンスリーで借りた方がとてもお得です!

どんなお部屋があるのか、どんな価格帯があるかを知るには、ロンポーマンションのHP>「Book Now」をチェック。

そうすると

Premium Standard ルーム1万2600 バーツ/月(約3万7800円)!

 

Superior B(清掃なし) →1万7010 バーツ/月(約5万1033円)!

と、かなり安いことが分かります。

 

わたしも1ヵ月弱ロンポーマンションに滞在したので、もちろんマンスリーで契約。

価格を安くおさえたかったので1万2600バーツのキッチンなしシンクのみ・バスタブなしシャワーのみのPremium Standard ルームにしたのですが、きたないなんてことはなく、飾りっけがまったくないだけで特に問題ありませんでした。この写真はすごく上手に撮れててもう少し彩度低めです。

 

こちらは、バスタブありの1万7010バーツのお部屋(清掃ありなしで値段が変わります)。リニューアルされているので、モダンでとてもキレイです。
ちなみに私が宿泊した一番低グレードのお部屋と広さ的には変わりません。違うのは、お風呂があるかとお部屋のキレイ度です!

マンスリーを契約したいときには英文メールで問合せをするのですが、英語が苦手な方は、ロンポーマンションに入っている旅行会社・アクロストラベルに日本人の方が常駐されているので問い合わせてみてもいいかもしれません。とても親切でとてもダンディな方なので安心してお願いできると思います。

支配人のポールさんは顔を合わせると「How are you?」と笑顔で声をかけてくれるし、ドアマンさんも子どもにバイバイしてくれるし、スタッフの方がみんなステキなのもロンポーマンションの魅力です。

ホテルの設備が充実してる!

プール(無料)に、軽い運動ができるジム(無料)、ムエタイのジム(1日体験500バーツ・約1500円)、サウナ(無料)など、汗をかける施設が整っています。子どもたちもジムに行って走ったり、運動道具にチャレンジしてみたり、遊び感覚で楽しんでました。

 

ロンポーマンションの中にあるコワーキングスペース。ここの一角に旅行会社・アクロストラベルもありました。

セブンイレブンに似た「Tショップ」だったのですが、今はリニューアルして本物の「セブンイレブン」が入っているそう!
水道水を飲めないタイでは、ペットボトルを頻繁に買うので、ホテル内にコンビニが入っているのはとてもありがたいです。

 

食事は何がある?

ホテルの宿泊費には毎朝・毎晩の食事は含まれていませんが、ホテルにレストラン&カフェとベトナムレストランが併設されています。

レストラン&カフェには、タイアイスティやカフェラテの他、かつカレーやかつ定食など、日本食もあり。値段は日本食120バーツ前後(約360円)で他で食べる日本食と変わらないと思います。

ベトナムレストランでも一度食事をしたのですが、普通に美味しく食べた記憶しかなく、何を食べたのか忘れてしまいました。。。
ただ大人10名+子供5名くらいの大人数が入ったので、結構広かったのだと思います。

その他にも

ロンポーマンション前の通りにある、激旨!タイ食堂認定のおばちゃんの屋台。どれを食べても美味しいんですが、ソムタムとタイ風焼き鳥のガイ・ヤーンを良く買ってました。カオニャオ(もち米)も売っているので、持ち帰りでお部屋で食べるのに便利!

 

こちらはロンポーマンションから徒歩5分のところにある大型スーパTESCOの駐車場対面にあるお店。ゴハンに好きなおかずをよそっていくんですが、行列がいつもできてて美味でした!タイ人がならんでいるところに外れなしです。

他に、徒歩5分のところに大型スーパーTESCOがあるのでそこのフードコートで食べたり、TESCO前の大型スーパー・ビックCのフードコートで食べたり、近くの中華料理屋さんにナスの絶品フライがあったり、もう一度食べたいパッタイ屋さんやジョーク屋台があったり、美味しい食べ物には事欠かきませんでした!

洗濯ものはどうしたらいい?

ホテルと違って、洗濯ものはコンドミニアム形式。1Fフロント奥にある美容室の横に、洗濯機がならぶランドリーがあります。
洗濯は1回20バーツ(60円)。乾燥まで頼むと、畳みまでしてくれて1回100バーツ(300円)になります。

タイ人のおじちゃんかおばちゃんがいるので、どっちにするのかお願いすれば大丈夫!

洗濯だけなら、脱水が終わった洗い物を持ってきていたバッグなどに入れておいてくれます。
 




 

Wi-Fiはつながる?

ロビー・プール・レストラン&カフェは、無料Wi-Fiがつながっていました。

お部屋は上階に行くほど無料Wi-Fiにつながりにくくなるようで、安定してWi-Fiにつなぎたい人は別で契約ができるそうです。

ちなみにレストラン&カフェにコンセントが端っこに一つあったので、PC作業をしたいときはここがおすすめ。
わたしの特等席になっているほど滞在中はこのレストラン&カフェで仕事をしていました!

暑いバンコクを楽しむには、プール必須!

ほぼ一年中暑いバンコク。子連れでホテルに宿泊するなら、絶対プール付きがおすすめです!

子どもたちはプールがあるだけでテンションが違う違う。うちの子は、朝から「入りにいく!」なんてテンションをあげていましたw

ロンポーマンションのプールは、ジャグジー付きの浅いプールと、深くて大きいプールの2つ。

子供たちはここでぷかぷか浮きながら、日に日に泳ぎが上手くなっていたんですけど、間近で成長を見ることができてちょっと感動でした。

ロンポーマンションはマンスリー賃貸で入っている人が多いので、日中入っている人が多くないのも魅力のひとつ。
もしいても1組・2組なので、毎日貸切気分で楽しめました!

おわりに

ロンポーマンション愛を語ってしまいましたが、1か月ほどバンコクに宿泊するなら本当におすすめです。

子供が騒いでも注意されたことないし、出掛ける前には必ずバイバイしてくれるし、とてもとても子供に優しいホテルだと思います。

バンコクに旅行へ行くけど、どうしよう…と迷っていたら、ぜひ検討してみだくださいね。

きっと素敵な日々が待っていると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です